生徒募集中


やっとログインできた・・・・・

しばらく 放置しておくと 書き込めなくなっていた 

ヤバヤバ (^◇^)




b0301426_23132465.jpg




b0301426_23142792.jpg




b0301426_23141216.jpg

[PR]
# by kanatakelabo | 2014-07-07 23:16

2013年10月12日



日本の大学に苦言を少々。 少子化で学生確保に苦戦しておられるようだが,ここは教授連中に頑張っていただいて,学力がレベルに達していない学生の単位を絶対に出さないようにするのが宜しかろう。勉学のために入学したはずの学生が勉学を疎かにすれば単位を得られないのは当然のことだ。


大学が学生の進路に対して責任を感じてしまうのは学生に対する甘やかしであって,それを学生確保の手立てとするのは本末転倒である。大学卒業のレベルに達しない学生は卒業させないのが一番である。学生はマジメに勉強するか,留年を受け入れるか,はたまた途中退学に踏み切るか個人の自由である。


今まで,ノンビリと過ごしてきた教授連には担当する学生を正しく厳しく評価しなくてはならなくなるから,忙しくなり,自分が教員であることを自覚させる良い方法であろう。大学側もジャンジャン学生を取り込むために入学試験を基本的なことを身につけているかだけを試験すればよいのだ。


大学が入りやすくなれば,受験予備校などという不正規の勉強の場を無くすことができるし,何十年も昔から不条理な制度であった高校における有料の課外授業などを無くすことも出来るであろう。しかし,高校卒業も大学に倣って,卒業を厳しくする必要がある。義務教育ではないのだから・・・


高校や大学で留年生が溢れてくるのは学校側の責任ではない。偏に学ぶべき立場の学生の態度そのものなのだ。
・・・・・・・・・・・と,塾に渡来する高校の,それも公立高校の生徒勧誘に奔走する先生方の姿を見て,可様に思う次第である。(;一_一)




[PR]
# by kanatakelabo | 2013-10-12 13:46


中学校の中間テストが終了しました。

毎回定期テスト前になると

試験範囲を記した一覧表が配られます。

その範囲には教科書とワークの
      出題ページが書かれています。

そうです。生徒はワークを持っているのです。

これは,春先に副教材として
         購入させられるものです。
            これがまたクセモノでしてね
            先生たちが好みで選びますからねぇ
            業者からの◯◯◯◯もあるでしょうし
            ナカナカまとまったお金が動くんですな
            勿論,制服やバッグ,部活用品など
            言い出したらキリがない・・・・・


使い方指示は教師に依ってマチマチです。

授業中に使う先生も居れば
     完全に放ったらかしの先生まで・・。

で,試験終了時に提出させられる教科が多いようです。

勿論,それは試験準備をさせるためでしょうが

試験直前にアタフタと取り組む生徒の何と多いことか。

全く何もしないよりマシでしょうけど,

こんな取り組みじゃ,ロクな点数は取れません。




て事で,

ラボでは,WORK THREE TIMES を

推進しているのですが,

コレがなかなか浸透しませんでね。(´;ω;`)

                          勿論「Knock Three Times」のパロです

その内容は

◎ 早めに取り掛かる・・・・・・・・・・・・あたりまえ!

◎ 一回目は分かる問題だけ解いていく。
         時間をかけずに
         分かる問題と分からない問題を別ける
               できれば解答は記入せずに
               他の紙に書いていくのがベター
               そうすれば解き直しの時に
               新鮮な気持ちで解けますからね
               でも,提出してチェックを受けるとき
               別用紙を添付することを
               嫌がる先生も居たりして
               痛し痒しです┐(´д`)┌ヤレヤレ


    殆んどの生徒はダラダラ解きます。
    コレがヤル気の無さの表れで
    ナカナカ終わらないので
    余計にやる気を無くす。

    だから,分からない問題を
    サッサと跳ばす癖をつけていく。

    ただし,たとえウソでも思うことを記入していくこと。
    跳ばせと言うと,空白のまま先に進む奴が殆んどだが
    それでは訓練にならない。
    正解が分からなくても答を書くのは大事な技術です。\_(゜ロ゜;)ココダイジ

    でも,一問に一分以上の時間をかけるのは オ・バ・カ です。

◎ 大問ごとに答え合わせをしていく
       間を空けると何を解いたか忘れてしまうから。
       間違った問題や分からなかった問題には
      赤ペンで答を写すのが常識になっていますが,
       これはオススメできない。
      解き直しをする時に
       答が書いてあると
       それに頼ってしまって考えない。

      答え合わせの この時こそ勉強そのもの(; ・`ω・´)b・・・
      自分が書いた答が合っていれば嬉しいし,
      間違っていれば,「(; ̄ー ̄)...ン?」となる。
      この(; ̄ー ̄)...ン?のとき
      頭はフルに活性化されていて
      賢くなるチャンスが有るのです。
             ココを「フ~ン」で済ましちゃうから
             何時まで経っても力がつかない
             セッカク取り組んでるんだから
             効果的にやらなくちゃね。

      で,間違った問題は
      ワークにチェックを入れておく。
      (解き直しのため)

 5教科ひと通り一回目を解き終えたら
  2回目に取り掛かる・・・
      一回目に正解した問題はドンドン跳ばす
           もう正解することが出来るのだから
           何度練習しても点数は伸びない。

      解けなかった問題を解けるようになるから
                 点数がアップするのだ
(; ・`ω・´)b・・・

      1回目解けなかった問題を
      2回目の解き直しで解ければ
      力がついたと思えば宜しい。
 
  2回目も解けなかったら
     ワークにつけたチェックを強調しておく❢

◎ 解けない問題は質問で解決する

   解けない問題は「問題の主旨」や「解き方のコツ」を
   理解していないのだから
   解ける人に質問するのが一番効果的。

   解ける人なら誰にでも質問していいんでない?

   ここで,納得できるかどうかは
        今後の大きな分かれ道。
   納得せずに先へ進めば
        得点が納得出来ないものになる。
   問題の意味と解き方をキチンと理解するように
        シッカリ自問自答したいものです。

 5教科とも2回目を終えたら
   3回目に取り掛かろう

      この時も,解けなかった問題だけでOK(((((((っ・ω・)っ ブーン

      勿論 解けないのだから
      再度質問するのだが,遠慮なんか要らないし
      こんなことで恥ずかしがっていたら
      命が幾つ合っても足りないぞ

      「(・_・)エッ..? まだ分かってなかったの?」と言われても
      「(・ω<) テヘペロ」でその場をやり過ごせる度胸をつけろ。

      また,一単元の最後にはメチャムズ問題があるから,
      ソコは分からなくてもノープロブレム。

      できれば,私のような専門家に
      捨て問を尋ねて欲しい。

◎ テストは満点でなくてよい。

      この学区で最高峰の修猷館でさえ9割の得点で
      充分合格できるのです。

      生徒諸君のワークへの取り組みを見るにつけ
      何を誤解しているのだろうと思う。
           口では満点は要らないと言ってても
           どの問題も全て解けなくてはならないような
           態度を示すのだ・・・・
           その上で,
       「自分はこの問題が解けないから馬鹿なのだ」
       「努力したって無駄なのだ」
       「だから勉強させられるのはマッピラだ」
            と,主張したげです。
       『いえ,そんなこと思ってませんよ』
           と言いながら,態度は逃げるのだよね。┐(´д`)┌ヤレヤレ

◎ わがままでは正解は出せない
       これは,ワークに限ったことではないのですが,
       問題を「自分勝手に誤解」する・・・
             ホントに この手の生徒が増えました。
           一般的に「読み間違い」とか「単純ミス」ということで
             片付けられているようですが,
             根は深いです。
             それというのも,頻繁に繰り返して
             改善がなされないからです。

       元を辿れば「読書量」の不足が原因しているのでしょうか
       問題文を正確に読み取れないのです。
          問題を誤解するというのは気質になっていて
          余程の気構えがなければ
          改善は難しいようです。





      
      



後はまた書こう






更に, よもぎねこさん とりさん からも 頂いてしまいました 。
                       (。◕‿◕。)ノ♪



で, 皆の処へ跳ぶのに便利・・
   ・・・・・・・・・・「雨来早夢の写真部屋」


                                 (^◇^)





b0301426_130511.jpg





[PR]
# by kanatakelabo | 2013-10-05 13:12
今日 生徒に定期テスト準備をさせていて

「試験は何のためにある?」 という話になりました。

普通,「生徒の理解度を推し量るため」という意見を聞きますが,

私は違うと思うのです。

テストは学習内容を定着させるために行うもの

テスト準備も その一連の作業であると思うのです。

よって,

準備をせずに テストに臨むことは 許されません。

b0301426_21221569.jpg















[PR]
# by kanatakelabo | 2013-09-21 20:07


 


 


 


 


半分も授業で使わないくせに


 


ムダに多い  で,


 


毎年 異なる単元を履修している・・・ 


 


てことは 学校によって


 


やってることが違うんだよな


 


国語って 何をやってもお構いなしか?


 


まるで,副教科ではないか・・・


 


それで,


 


統一の入試を受けさせられるのか・・??


 


変なノォ!


 


 


 


 


 


国語の教科書会社に


 


友人が居るんだけど


 


彼に言っても始まらないわな・・・


 


┐(´д`)┌ヤレヤレ


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


[PR]
# by kanatakelabo | 2011-10-10 00:06 | 受験

濃度





濃度問題って,数学嫌い・算数嫌いを悩ませますよねぇ。

中学入試問題でも定番だし・・・・

会社の入社試験にまでシャシャリ出てくる・・・・oh! my Go'!

濃度という言葉からして

嫌悪感を抱かせますよねぇ(^◇^)





【濃度ってなんだ?】

勿論,溶液の濃さを表しているんですけどね・・・

食塩水なら,どんだけ辛い塩水なんだ? ってことね。


食塩って面白い奴で

ミョウバンなんかの他のモンと違って

水の温度が違っても溶ける量は殆ど変わらないんですねぇ。

頑固なのかな?(^◇^)



食塩水の中身は食塩と水だけ・・・・

食塩水をコップ一杯取り出したとき,

食塩がどれだけあって,水がどれだけあるか?

ってのが濃度の考え方。

コップ一杯の食塩水の中に食塩がこれだけ溶けてるなら,

残りは水・・・・というお話。

コップ一杯の食塩水がちょうど100gあって,

その中に食塩が5g溶けてるなら

残りの水は95gあるはずだ・・・ての。

足せば(5g+95g=)100gになるんだから

きっとそうなんでしょうね。

このときの食塩水の濃度を5%っていうんですよね。

まるでテストですな。

百点満点のテストなのに,正解が5点しかない。

残りの95点分は不正解・・・・あらまぁ~ひどい成績だことォ~


ところで,14%200gの食塩水には食塩はどれだけ溶けてるの?

さっき,食塩水100gでの話をしたから,

食塩水が半分なら濃度も半分の7%だって考えるの?

これが間違いのもと・・・

味噌汁を鍋いっぱい美味しく作ったけど,

お椀に一杯だけ取り出したら

薄くなっちゃった・・・みたいな話がありますか??

濃さってのは,どんだけの量を取り出しても

変わってもらっちゃ困るのね。

2㍑のコーラを10個のコップに注ぎ分けたら

ただの薄い砂糖水になっちゃった。。って

困るでやんしょ?(^◇^)

逆でも考えましょか?

20%100gの食塩水をコップに5杯用意して,

それをバケツに注ぎ込んで混ぜたら,

(20+20+20+20+20=)100%になっちゃった・・・

100%っていったら,全部が食塩になっちゃった

ってことだから,水は何処行っちゃったの???

これで,

濃度って足し算・引き算して変えるもんじゃないって

覚えてくださいませね。(^_-)-☆

(苦手者は揃って加減しますからorz



 3%100gの食塩水と5%100gの食塩水を

 混ぜたら,8%の食塩水が200gできるそうだから・・

 正解は4%200gですよね。

 同じ量混ぜれば,平均値になりますもんで・・

 何度教えてもダメだと ぶち切れて

 「60%と80%混ぜたら140%になるのかァ~!!ヽ(`Д´)ノプンプン」

 と怒鳴ってしまいます。

 但し,食塩水はせいぜい30%位迄しか出来ませんけどねホホホ。)

【食塩の量】

正しくは,14%の食塩水なら

100gだろうが,200gだろうが,

14%のままなんですね。

ということで,14%100gの食塩水の中には

14gの食塩が溶けこんでいます。

だから,14%の食塩水が200gなら,

(14%100gを2杯分と考えて)

溶けてる食塩は倍の28gなの・・・・・

これを計算で求めよ~ってのが,

14/100 × 200(g) という式なんですね。

最初の14/100は(食塩水)100gには

(食塩が)14g入ってますよっていうものなの。

これが理解出来ないなら,

「とにかく,~%のときは 百分の~を掛けなさい」

と指導してます。

答えが出せるようになれば,

気を良くして,頭を使い始めてくれるかな?

という,ささやかな希望を持って・・・(^◇^;)


不思議なことに,苦手者は

この式を暗記できない・・・・・orz

いつも,この式を暗記せず不正解になる生徒に

「この式のどこで引っかかってるの?」って

尋ねるけど,マトモに答えた子は未だゼロ!

(ま,腹の中では『面倒くさそうだから・・・』

  ということで,放置されているのだと理解してますがね)


【濃度計算公式】

さて,話を進めて参りますが,

ジュースを飲んでて,飲み干す前に

継ぎ足したら味は・・そんなに変わらないですよね。

(いえね,呑んベェは継ぎ足すのを嫌いますからね。

やはり味は変わるんだろうなぁ・・・遠い目)

だから,同じ濃さの食塩水は混ぜても濃さは変わらない!!!

14%100gの食塩水と,14%200gの食塩水を混ぜると

14%300gの食塩水が出来上がる。

14%100gの食塩水には

14/100 × 100(g)=14(g)の食塩が溶けている。

14%200gの食塩水には

14/100 × 200(g)=28(g)の食塩が溶けている。

混ぜてできた14%300gの食塩水には

14/100 × 300(g)=42(g)の食塩が溶けてる。

これって,14(g)+28(g)=42(g)だから,

14/100 × 100(g)+14/100 × 200(g)=14/100 × 300(g)

ですよね。

この式こそが,濃度問題で作らなくちゃならない式なんですが・・・。

長すぎて,なかなか作れない・・・・orz

例えば,

   「 14%の食塩水と8%の食塩水を混ぜたら,

    10%の食塩水が300gできた。

    それぞれ,何gずつ混ぜたのか?」

という問題では,

14%の食塩水をXgとして,

8%の食塩水を(300-X)gとおく。

これがまた乗り越え切れない壁でして,

AとBを混ぜて300gなんだから,

AがXgなら,Bは(300-X)gでしょ?

ってのを理解出来ないのよねぇ・・・・orz

似た様な問題に,

    「周の長さが30㎝の長方形で,

     縦の長さがa㎝なら,横の長さはいくら?」

ってのがあるけど,ま,不正解ながら 30-a

って,引き算は出来るみたい(^◇^)

長方形は思い浮かぶけど,

コップやビーカーは思い浮かばないんだろうなぁ(´。` ) =3


ま,気を取り直して,

14%Xgの食塩水には,食塩が 14/100 × X(g) 溶けている。

8%(300-X)gの食塩水には,

      食塩が 8/100 × (300-X)(g) 溶けている。

できあがった10%300gの食塩水には,

      10/100 × 300(g) の食塩が溶けている。

だから,

 14/100 × X(g)+8/100 × (300-X)(g)=10/100 × 300(g) 

と,ここまで辿りつける生徒はほとんど居ない・・・・(´;ω;`)

すべての項に /100 が含まれているので,

 14 × X+8 × (300-X)=10 × 300

 14X+2400-8X=3000

    14X-8X=3000-2400

        6X=600

         X=100

14%の食塩水は100g,8%の食塩水は(300-100=)200g

ということになるのだがね・・・・・ここまで計算できる生徒は

我が塾では1~2名かも・・・-y( ´Д`)。oO○



【暗算だって出来るんだ】

やっと,ココからが今回主張したい内容で・・・

a%Agの食塩水と,b%Bgの食塩水を混ぜたら,

c%Cgの食塩水になった・・・というとき,

式は

   a/100 × A + b/100 × B = c/100 × C

となりまして,

    a×A+b×B=c×C

ここで,C=A+B ですので

    a×A+b×B=c×(A+B)

    a×A+b×B=c×A+c×B

    a×A-c×A=c×B-b×B

    (a-c)×A=(c-b)×B

より

    A:B=(c-b):(a-c)

となって,上の問題に,この式を使えば

    A:B=(10-8):(14-10)=2:4=1:2

てことで,

    (14%の食塩水):(8%の食塩水)は

    1:2 で混ぜたのであって,結果300gなら

    100gと200g混ぜたことが解かるのであります。


「算数で解いたら面白いのに‥」

でも述べましたように,私は生徒に問題を解かせている間に

暗算で答えを出すようにしてますので,

この 『混ぜた質量比は,濃度差の逆比』

    を使って暗算します。

こんなに便利な法則を何故 皆は使わないのだろう?

と不思議に思ったこともありますが,

こんなモノ使うこと(機会)がないというのが真実でありました(^◇^)





小中学生のお子様が居らっしゃるご家庭のお父様・お母様

試してご覧になりませんか??







蛇足:水だけを加えるときは 0%

    食塩だけを加えるときは100% を使います。





ここまで読んでくれた人って,居るのかしらん?

それでは皆様,さよ~なり~(^◇^)/~






[PR]
# by kanatakelabo | 2011-08-22 00:06 | 計算問題

鶏口牛後









昨日,中3数学の授業中に「鶏口牛後」の話になった。

意味を調べると,「大きな組織に付き従って軽んぜられるよりも、

小さな組織の長となって重んぜられるほうがよいということ。」

となっている。




ほとんどの,中学生やその父兄たちはこういう考え方をしているのが現状である。

私は,この考えには疑念を持っている。

なもんだから,喉が痛くなるのも構わずに持論を語ってしまった・・・。

(ヲイヲイ,授業はどうなっとんねん)




具体的に考えて,この金武地区で受験できる学校は(モチロン公立で)

トップが「修猷館」,

次に「城南」,「筑前」,「西陵」,「講倫館」,「福岡女子」,

「玄洋」,「早良」・・・と続く。

塾に通う生徒が目指すのは4~6番手くらいまで。

その後は,言っては失礼だが塾で勉強しなくとも合格はその気になれば可能。




で,一番多く耳にするのは「修猷でビリより,城南でトップを取る方が良い」

という意見である。



修猷館という高校は他の高校と気質が異なり,「不羈(き)独立」

という独特の理念のもと,4月入学と同時に先輩からのシゴキ(?)で始まり,

その後は自由な学校生活を送ることになる。

まぁ,前身が藩校であったことが原因かも知れないが・・・・。



とにかく,他の学校では中学校の延長のような指導を受けるのに対して,

異質であることは間違いない。

定員四百名に対し,受験者は毎年ほぼ二倍弱。

余程の自信がなけりゃ

滑り止めの私立に甘んじることに・・・。

となれば,無理して受験するより,

二番手校の公立高校を受験する方がマシ・・・となるのも頷ける。

で,「鶏口牛後」なのである。



しかし,

「修猷館を卒業した」という事実は

福岡では ひとつのステータスであり,

その後の人生であらゆる場面に付いて回る。



ならば,

人生最初の大きな挑戦を,戦う前から

諦めてしまうのは

何とも口惜しくはないのか・・?



修猷館は公立高校であるが故に

入試問題は他の公立高校と同一である。

また,出題傾向が例年固定化しているため,

準備がやり易い。

此処が大事なところであるが,

準備さえ間違えなければ,

合格点を取るのは不可能ではない。




だからこそ,

受験申込の最終締切である一週間前までは

修猷を目指して努力する意味があると思う。

力が及ばなければ,



直前で受験校を変更しても良いではないか。

勿論,そこまで充分頑張ったという

自己診断のできることが条件ではあるけど。




最初から

ランクを落として準備すれば

必ず手抜きになり,直前で

更にランクを落とすことになりかねない・・。



否,

殆どの場合そうなるであろう。





で,やっと昨日の話に戻るのだか




修猷に合格しさえすれば,

ビリだろうと何だろうと,

とにかく卒業までこぎつければ,

その間は苦しい日々であろうが,

「修猷館高校卒業」というステータスがついてまわる。



「鶏口牛後」を引用すると,

高校三年間の過ごし方に重きをおいた考えになるかと思う。

無理をせずに 充実した高校生活を送る・・・

などと,一見まともそうな考えであるが,

そういう高校生活を送れるのなら,

何故,今そういう生活を送らないのか?

今やれないことが,

高校生になれば実行出来るのか?

これが,私の疑問なのだ。

(というより断言できる。)

今 実行に移せないものが,

高校生になればやれるようになるわけがない!

私は こう考えるから,

「鶏口牛後」等と言われても

眼前の案件から逃げているようにしか思われない。

こういう輩は,きっと その後も同様の行動を繰り返す。

(親はそう考えたくないらしいが・・・)


口先だけで,真実めいた嘘を吐くより

たった今 実証することの方が

何倍も説得力がある。



十数年前,

私の授業を受けた女の子の父親は「私立に進学させるつもりはない」と,

滑り止めを受けさせず,

地区トップ校のみを娘に受験させた。

残念ながら,その年は不合格になったものの

一年後に,見事 雪辱を晴らしたのである。



この経験が この娘の人生で大きな力になることを

信じて疑わないのだ。わたしは。




ということで,E.ラボで

受験準備をして

最高の宝を手に入れて欲しいものだ(^◇^)

おしまい



m(_ _)m
[PR]
# by kanatakelabo | 2011-06-28 00:06 | 受験

向学心を大切にする塾


by laboratory-doc