2013年10月12日



日本の大学に苦言を少々。 少子化で学生確保に苦戦しておられるようだが,ここは教授連中に頑張っていただいて,学力がレベルに達していない学生の単位を絶対に出さないようにするのが宜しかろう。勉学のために入学したはずの学生が勉学を疎かにすれば単位を得られないのは当然のことだ。


大学が学生の進路に対して責任を感じてしまうのは学生に対する甘やかしであって,それを学生確保の手立てとするのは本末転倒である。大学卒業のレベルに達しない学生は卒業させないのが一番である。学生はマジメに勉強するか,留年を受け入れるか,はたまた途中退学に踏み切るか個人の自由である。


今まで,ノンビリと過ごしてきた教授連には担当する学生を正しく厳しく評価しなくてはならなくなるから,忙しくなり,自分が教員であることを自覚させる良い方法であろう。大学側もジャンジャン学生を取り込むために入学試験を基本的なことを身につけているかだけを試験すればよいのだ。


大学が入りやすくなれば,受験予備校などという不正規の勉強の場を無くすことができるし,何十年も昔から不条理な制度であった高校における有料の課外授業などを無くすことも出来るであろう。しかし,高校卒業も大学に倣って,卒業を厳しくする必要がある。義務教育ではないのだから・・・


高校や大学で留年生が溢れてくるのは学校側の責任ではない。偏に学ぶべき立場の学生の態度そのものなのだ。
・・・・・・・・・・・と,塾に渡来する高校の,それも公立高校の生徒勧誘に奔走する先生方の姿を見て,可様に思う次第である。(;一_一)




[PR]
by kanatakelabo | 2013-10-12 13:46

向学心を大切にする塾


by laboratory-doc